「心配、不安な気持ちがぬけません・・・」

なんだかとっても不安な気持ちになる。

原因が分からないのに不安・・・ということもあるかもしれません。

また、ある事が気になってそのことばっかり考えて不安になる・・・と、言う事も。

隠された原因に向き合いたくない事もあるし、体質的に不安になりやすい、という方もいます。

漢方的には血(けつ:栄養分)や 津液・精(しんえき、せい:人が持って生まれたエネルギー)が足りない方におこりやすい症状です。

血(けつ)は西洋医学でいう血(ち)を含みますがもっと広い概念です。

血(けつ)の不足のわかりやすい状況は産後です。また、手術後、などは精神的にもおかしくなりやすい時です。

また、ストレスであれこれ考えてしまうのも血不足を招きます。

胃腸の吸収が弱い方も血(けつ)を食べ物から吸収しにくいので血の不足がおこりやすい状態です。

「肩こりがバリバリにひどく、目もしんどいです・・・」

漢方では、目と筋肉というのは関係しています。筋肉のうちでも、特に肩に症状がでやすいのは、目の経穴(つぼ)瞳子りょうと肩のつぼ肩井がつながっているせいかもしれません。

目と筋肉は、栄養(血液)がとても必要な場所です。ストレス、考え事や頭脳労働が多いとどうしても頭で血液を消費してしまい、大事な血が目や筋肉に行かなくなると、目が疲れたり肩こりがひどくなったりします。

西洋医学的には、自律神経の交感神経が緊張すると、末梢の血管が収縮し、その先にある目や筋肉に栄養が行きにくくなってしまいます。

なぜ交感神経が緊張するのか、は心の問題がさけて通れません。

漢方では、体質的にもともと血液の状態がよくない方を補い、神経をリラックスさせることができます。

「頭がスッキリせず、新しいことが覚えられない ・・・」

50代以上ですと、血流の問題を考えなくてはいけないかもしれません。

ただ、お若い方でも年配の方でも、ストレスがありすぎると脳がオーバーヒートをおこします。

試験の前に徹夜で勉強して、もう何も入らない!というあの状態が日常的に続いている方もいます。

考え事で頭がいっぱいで他の事が入るスペースがないのですね。

ご本人様は若年性痴呆症かと思う方もいると思いますが、完全な脳疲労です。

この状態を放置すると、本当に若年性痴呆症にもなりえます。

まずストレスでそうなっている事を自覚いただき、生活を改善し、脳のオーバーヒートをクールダウンする漢方をおのみいただいています。

パンダ困った

 

プロフィール
漢方カウンセラー・藤田尚美
漢方カウンセラー・藤田尚美

 神奈川県相模原市緑区の漢方薬局・青葉薬局で漢方カウンセリングをしています。

薬科大卒業後、漢方研修塾で1年研修、八王子東西薬局で3年半勤務。その後、実家の青葉薬局にもどり、漢方カウンセリングを始めました。漢方カウンセリング歴は約25年になります。[詳細はこちら]